120個のマニュアル完全版

私がどうやって再構築できたか。
その方法がすべてこの中にあります。

こちらをクリック

こんな夫婦生活を 一生続けていくのは時間の無駄だと言われ。(会員さんの声vol.56-2)(Rさんの軌跡)

【特集】Rさんの軌跡

(↑ちょっとずつ明かりを灯す(成長する)の図)

ミラクルを起こしまくりのRさんの軌跡をお伝えしています。

会員さんの声vol.56‐1から順にお読みいただけるとわかっていくかと思います。

下記は北川にRさんが送った質問内容です。

多くの学びが詰まっていますのでぜひ参考にしてください。

再構築成功者Rさんの軌跡2

初月サービス【相談内容】

相談者Rさん
相談者Rさん

先日は丁寧な返信ありがとうございました。もうすぐ月が変わりますが、今のモヤモヤしたした状況を少しでも良くしていけるためのヒントをいただきたいと思いました。

先生がおっしゃる通り、以前別のカウンセラーさんからいただいたアドバイスは、『褒める、挨拶、笑顔、美味しいご飯、行動の詮索をしないなど』でした。この対応は間違っていますか?

前回、北川先生よりアドバイスいただいた通り、自分の反省点を書き出しました。『挨拶が冷たかった、主人の言うことをすぐに否定していた、感謝の気持ちが足りなかったなど 』たくさんあるのですが、これを少しずつ改善していけばよいのでしょうか?

前回の回答に、【妻が変わることでご主人も変わってきます。まずはご主人のさみしかった心を救うつもりで接していきましょう。】とありますが、具体的にどうしていけば良いのかアドバイスをいただきたいです。

(これについての北川からの回答はご本人に直接しております)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1か月目1回目

相談者Rさん
相談者Rさん

北川さん。こんにちは。前回お返事いただいたことを自分なりにじっくり考えてみました。

結婚後、仕事の都合で1年別居からスタートし、去年の4月から同居しました。
しかし、同居を始めると、仕事が忙しくて主人を思いやる気持ちや余裕がありませんでした。その余裕のなさから、家事をうまく回せない。
料理も適当になる。主人が構ってくれても、素っ気ない。などに繋がっていったと思います。
また、小さなことで文句を言うようになってしまい、主人が怒ってぶつかることもありました。
主人にとっても、私にとっても、待ちに待った夫婦生活がようやく始まったのに、上記のことが重なり、主人は、理想と違う夫婦生活だと感じていたとのかもしれません。

前回、自分のことが好きかと聞かれましたが、どちらかというと好きではありません。理由としては、自分の良さは分かります。
しかし、自分の嫌いなとこもたくさんあるからです。
まず、ネガティブで後ろ向きなところです。すぐに、どうしよー。と主人に相談して頼ってしまうこともありました。
次に、人見知りで心からの友達がいないところです。大学の頃、なかなか自分から話しかけたり、遊びに誘ったりしませんでした。
男の人からは何度か遊びに誘われたので遊んでいましたが、そうしているうちに、さらに女友達を作る機会がなくなり、
人と関わること自体が徐々に面倒に感じるようになっていました。そんな時に出会ったのが主人です。
主人は、私が知らなかった世界を広げてくれたので、とても居心地が良かったです。
主人とどこかに行くことが楽しかったので、ずっと主人にくっついてばかり。長い間ずっとそんな状態で付き合っていました。
つまり依存ですよね。それも、自分の嫌なところです。

自分の体験の話が長々となってしまい、すみません。

自分の課題、まだまだ見えていないところもあると思います。もっと考えていく必要があるんですね。足りないところ考えるのは、怖いですが頑張ります。

プラスパワーも取り組んでいます。

自分の嫌なところを改善していくのは頑張って取り組んでいこうと思いますが、他に私ができることがあれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

(これについての北川からの回答はご本人に直接しております)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1か月目2回目

相談者Rさん
相談者Rさん

【主人のこと】
私の仕事の都合で,1年は別居状態でした。結婚した年に,主人の転勤が決まり,私は独身の頃から続けていた仕事があったため,結婚後すぐに一緒には住んでいませんでした。
別居から1年後,私の新しい仕事先が決まったため,主人が元々住んでいたところに私がいくような形でようやく同居が始まりました。
北川さんがおっしゃる通り,主人は甘く楽しい結婚生活を夢見ていたんだと思います。

主人の望んでいたところを考えてみると,「もっと会話を楽しんだり,一緒にいることを楽しみたかった」んだと思います。
私は,慣れない家事や仕事をうまく回せないことで帰ってから会話を楽しむ余裕がありませんでいた。
疲れ果ててすぐに寝てしまうことも多かったです。
主人は朝が早く,帰りが遅いです。私も帰りが遅いことがあります。1日の中で,夫婦の時間はたった2~3時間くらいしかありませんでした。
その貴重な時間の中で,喧嘩が増えていったり,互いの意見がぶつかってしまったりして,主人にとっては楽しくないものだったと思います。
実際,離婚を切り出されたときも,主人自身も,小さな事で私に対して強く言ってしまう自分が嫌だった,こんな夫婦生活を一生続けるていくのは時間の無駄だと感じると言われています。

私たちは7年間遠距離恋愛です。付き合いはそれ以上にありますが,長い時間を一緒に過ごしていくというのは初めてのことでした。
先生のおっしゃる通り,結婚って生活そのものですね。その生活が徐々に上手くいかなくなってしまっていたんだなと思いました。
私は,離婚と言われるまで気づきませんでしたが・・。

相談者Rさん
相談者Rさん

【自分のこと】
先生のおっしゃる通り,人見知りというか,自分に自信がないです。人付き合い,人間関係も面倒に感じていまうことがありますので,女性より男性の方が楽でした。自分から友達を誘ったりすることも煩わしいな。断られたら嫌だし。と避けてきたところあります。

相談者Rさん
相談者Rさん

【恋愛の2種類】
 この2種類について教えていただき,自分なりに考えてみました。
完全に私は,1の人だったと思います。主人に~してほしい。主人が~だったらよい。と考え,自分がこうしていこう。と考えるのが少なかったです。
しかし,正直主人がどちらのタイプなのかはっきり分かりません。10年近く一緒にいるのに分からないなんて情けないですが・・。
ただ,主人はかなり行動力があるタイプです。未来を見て生きているところもあります。自分で自分のことを何とかしようとすぐにいろいろ決めて実行します。

仕事やこれから住むところなども,よく「~したいな。」と口に出していました。
昔の主人なら,自分が「こう。」と思ったことはすぐに行動に出します。しかし,私がどこか否定的でネガティブな性格が、知らず知らずのうちに、主人の「やりたいこと」を抑え込んでしまい,主人もなかなか自分で行動に移せない人になっていったのかもしれません。
2の人が1の人になることもありますか?妻が1にさせてしまう場合もありますか?

北川さんが,1ではなく2になるようにとおっしゃられましたが,どんなこと意識すれば2になるのでしょうか。
まず,自分の嫌なことも受け入れ自分のことを好きになることでしょうか。そして,自分のやろうとしたことも前向きに取り組んでいくことでしょうか。
また教えていただきたいです。

(これについての北川からの回答はご本人に直接しております)

北川文月
北川文月

※恋愛の2種類とは北川が有料会員さんに向けて初期にお伝えしているアドバイスです。

―――――――――――――――――――――――――――

少しずつRさんが成長していく様をお伝えしていきます。

次回に続きます。

鬱っぽい旦那。夫婦でいるのがしんどいと言われ。Rさんの軌跡(成功者56-3)
二人で買い物やお昼を食べに出かけることが何度かあり、私も嬉しく思っていました。しかし、昨日の離婚の話を聞いていると、やっぱりこれ以上、夫婦生活を続けるのはしんどい。 離婚が大きい問題で簡単にできないのが分かっている。だから、我慢しようと思って過ごしても毎日がしんどい。

―――――――――――――――――――――――――――――

夫婦再構築、人生の再構築をしたい方は下記にてメルマガ登録してください。 11日間の『夫の不倫、妻の行動講座』が配信されます。

無料相談もこの11日間で受け付けておりますのでぜひ(^^)

そのあとに続いて

自宅でも小さく稼げる方法(5日間)

自宅でも大きく稼げる方法(8日間)が流れます。

北川文月の思いはこちらです。 ご興味ありましたらご覧ください

ここを押してくださると【北川文月】の応援になります。

皆さんの応援がブログを書く上で大変な励みになりますのでよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました