120個のマニュアル完全版

私がどうやって再構築できたか。
その方法がすべてこの中にあります。

こちらをクリック

主人の笑顔を見た瞬間、胸がきゅ~んとなって。成功者56-11。Rさんの軌跡

【特集】Rさんの軌跡

5か月目 3回目

相談者Rさん
相談者Rさん

いつも丁寧に回答していただき、ありがとうございます。よろしくお願いします^ ^

自分のことを大切にしようと日々過ごすようにしています。
食べたいもの。したいこと。ほしいものなど。できるだけ我慢しないようにしています。

自分が喜ぶこともだんだん分かってきた感じです。おしゃれして出かけるのもウキウキしながらできるようになってきました^ ^
鏡見るたびに、今日も可愛くできた!楽しも!と笑顔で自分に言い聞かせるようにしています。周りから見たら、変ですが笑

大切にするということ。好きになる方法が、こんなやり方なのか、まだちょっと分かっていないので、やり方が違ったら教えてください。

北川さんのおっしゃる。
すごく夢中になれる物を見つけるチャンス
自分の人生を自分で一から作り直すというチャンス!
そうですよね!この言葉、ずっと心で大事にして、行動していこうと思います!

趣味。。好きなことは、ちょこちょこあります。インテリア、読書、映画、ファッション、メイク、温泉、ホットヨガなどなど。ただ、夢中!と
いうほどでもないんです。毎日、ずっとしたい!ということでもないです。これらの、好きなことをしている間は、楽しい!と感じるのですが、幸せ。と
感じることが少ないです。楽しいではなく、幸せと感じないとダメですよね?また、楽しいと思えるのも、その時だけなんです。
これを、ずっと幸せと感じるようにした方がいいですよね?
無我夢中で取り組めるものを探した方が、自分が幸せに感じる近道でしょうか??

主人のことは、ただ主人が幸せならそれでいい。と幸せを願うくらいにしておきます。一度、主人よりも自分にもう少し目を向けていきますね。

(これについての北川からの回答はご本人に直接しております)

5か月目 4回目

相談者Rさん
相談者Rさん

いつも丁寧に回答していただき、ありがとうございます。お盆休み明け、すぐの相談になると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

現実を受け入れられるようになってきたこと、そこから自分の思考が変わりつつあることが大きいと思います。
落ち込むこともまだありますが、その不安感すらも、ダメだ。ダメだ。と思わず、自分で素直に受け入れられるようにもなってきたようです。
再構築に向けて、自分で自分を信じられるようになってきたこともあるかなと、思います。

私は、与えてもらうということばかりを考えていたかもしれません。
夫なら、~すべきと思ってました。
今は、小さな事でも楽しむことを大切に過ごします。
その中で、何かふと、やりたいな。と思ったら我慢せずやってみようと思えています。
主人の事と関係なくても、自分で楽しむことをしてプラスのエネルギーを作っていくことが必要だということですよね?
教えてもらっていることだと思うのですが、確認させてください。。

また私が、~してあげたいな。と思ったことは主人にしてもよいのでしょうか?例えば、気持ちよく寝てほしいなぁと思って、お布団洗ったりとか、
おいしく食べてほしいなぁと思って、料理頑張ったりです。そこに、これをしたら、~してもらえるかも。など思わなければ、与えるということになるのでしょうか?
他に自分が楽しめたり幸せに感じたりできることをしていた方がいいのかな。「私が、したい。」と自分が中心ならいいのかな。(もちろん。主人が嫌がることはしませんが。)と思っているのですが、ちょっと、わからなくてなったので、教えてください。

お盆休み中、主人とのことを知らない義姉さんから、主人と義家族さんが楽しんでいる動画が届いたんです。以前だったらショックで落ち込みまくっていたかもしれないんですが、主人の笑顔を見た瞬間、胸がきゅ~んとなって少し嬉しかったんです。
これも、私がよい方向に変わってきたことかな。それとも、まだ依存していることかな。と思っているのですが、
プラスに受け止めていいのでしょうか?

そうですね。感情、大切ですよね。私は、プラスの感情を常に感じられるようにしたいです。ただ、主人の行動をモヤモヤ考えてしまうときって、どうしてもあるんです。お盆休み中は、特にそんな感じでした。そんな時は、何か別のことをしたり、外出したりして気を紛らわしたんですが。。
そういうやり方以外に、何か方法ありますか?

何だか。今回、質問多くなってしまいました。同じようなことばかり聞いているかもしれません ^^;
よろしくお願いします。

(これについての北川からの回答はご本人に直接しております)

コメント

タイトルとURLをコピーしました